iPad Pro (+Magic Keyboard , Apple Pencil ) 感想

11インチのiPad Proを購入しました。M1のやつ。円安の波がiPadに来る前(6/27)に購入しました。

お値段は…

iPad Pro(11inch,Wi-Fi,256GB) : ¥106,800(amazon)

・Magic Keyboard : ¥34,980(apple公式)

Apple Pencil) : ¥15,286(amazon)

計¥157,066。高え~…でも6月に購入しておいて良かったです。7月以降に買ってたら計¥196,360なので…。

 

 

そもそも、僕はずーーーっとandroidwindowsユーザーです。appleのosを使ったのは友達のiPhoneや店頭展示のiPadを触ったときくらい。以下では、そんな僕がなぜ急にiPadを購入したのか、そしてその感想を書いていこうと思います。

僕はずっとwinユーザーというのは前に述べた通りなんですけど、デバイスとしてはSurface Pro 6をずっと使っていました。大学1年の秋に親に買ってもらいまして、それが最初のマイPCだったというわけです。そこでキーボードとペンも一緒に購入していたので、授業のノート取りをOneNoteで済ますようになりました。他はwordを使うくらいで、それ以外のことにはほとんど使っていません。今時はほとんどスマホで完結するし、Zoomとかゲームはデスクトップでいいし仕方ない…。

それを踏まえると、Surface Pro 6の後継は

・タッチパネルwithスタイラス

タブレット

・キーボード

が重要な要素になってきます。具体的な候補の第一には当然Surface Pro 8が上がっていたんですけど、めちゃくちゃ高いのがネックになりまして脱落しました。製品としては非常に優れていると思うんですけどね…。候補の第二に上がったのがGalaxy Tab s8なんですけど、US配列ということで却下。そこで第三に上がったのがiPadでした。面白いことに、iPadがOS以外は僕の求める要件にバッチリ合ってくれました。最初の要素全てを兼ね備えているし、特にスタイラスの性能は言わずもがなトップクラスだし、あとドヤれる。こう考えるとTab s8はほんと惜しいですね…。

 

でも、結局こういうごちゃごちゃしたスペック比較よりも「新しい物が好き」という気持ち1つで決めたのが1番大きいと思います。Appleの製品を使ってこなかったし、M1だし、フローティングデザインだし。

 

 

 

ここからは実際に使ってみての感想を書いていきます。

 

良かったところ

・ペンのキャリブレーションがめちゃくちゃ正確

・音の迫力が凄い

・キーボードのペチペチが気持ち良い

・顔認証ありがとう

・LiDARたのちい

・PC用途のデバイスでモバイルのアプリが使える

・USB-C

 

良くなかったところ

・思っていたより充電の減りが速い

・自動変換が若干お節介

 

(補足)

重さに関しては比較対象がSurface Pro 6なのであまり困っていない。

あと良くないって訳ではないけど、iPad OSとキーボードに全く慣れないっていうのはある。(慣れれば良いんだけど)

 

事前調査をしていたので、特に不満は感じていないんですけど、やっぱOSの違いだけが気になります。なので、もっと長いこと使って慣れてからじゃないと良くないところは見えてこないのかな。

 

こんな感じで感想を書いてみました。

 

(ちなみに今回の記事は全部iPadで編集しています。)

 

(追記:2022-9-4)

充電の減りは全然速くなかったです!ごめんなさいAppleさん!原因はDiscordで、通話を切ったと思っていたら切れてなかったということでした。アンストしたらバッテリー持ちがめちゃくちゃ良くなりました!