「WF-1000XM4修理記」「スマートウォッチいる?」「Pixel Watchはほしい」

先月29日にWF-1000XM4を修理に出しまして、今月12日に無事返ってきました。

f:id:Kintsubamaster:20211222165749j:plain

具体的な症状としては①左が2hしか保たない(普段はフルスペでも4h保つ)②左の音が出なくなる(Pixel4XL、6)、途切れる(XPERIA Ace)③ケースでバッズの充電ができない④1mで53%→80%といったところです。

窓口のお姉さんに相談したところ、「LDAC、DSEE Extreme、音質優先、イコライザーON、ノイキャンONの所謂フルスペで使うとバッテリーの異常消費等の異常が出やすい」とのことでした。逆に言うと「機能フルで使うと安定しません、故障しやすいです」ってことですよね。まじすか。

結局タダで全部新品に取り替えてもらいました。保証期間内でよかった。ただ、ぼくの場合は予約して購入したので初期不良とか考慮されたのかな?とか思ったり。詳しいことはよく分かりません。

それで、全交換してもらったのはいいんですけど、同じようにフルスペで使うとまた同じような症状が出ました。なのでこれは仕様っぽいですね…。仕方ないので今はAAC、DSEE Extreme、接続優先、イコライザーOFF、ノイキャンONで使ってます。LDACとAACの違いはまっっったく分からないので全然良いんですけど、イコライザー使えないのは最初はすごく悲しかった。ぼくはCLEAR BASSをしっかり効かして立体感のある低音を聴くのが好きだったんですけど、それが使えないのはすごく困りました。1週間したらイコライザーなしに慣れちゃいましたけど。逆に疲れなくていいなーとか思ったりもします。

 

ここで思ったのは、左と右が完全に分かれた所謂完全ワイヤレスイヤホンに超絶高音質はいるのか?ということ。すなわち、生活のツールにはそこまで音質は求められていなくて、むしろノイキャンとか音声アシスタントとか通知とかが求められているのではないか、ということです。

ぼくはWF-1000XM4を「生活をちょっと便利にする道具」のポジションに置いていて、通学する時や、料理中のBGMとか家でちょっと音楽を聴きたい時に使うもの、としています。一方で、音楽聴くぞ!って意気込んで、はちまき締めて使う時に使うのはWH-1000XM4です。従って、前者の場面では使い勝手重視、後者の場面では音質重視と言えそうです。

じゃあ、何があると使い勝手が良いんでしょうね。ここは人によるところだと思うんですけど、個人的にはノイキャンとか音声アシスタントとか通知とかがあると使いやすいです。なんとなくスマートウォッチと似た話になりそうですね。

ぼくはスマートウォッチには健康云々の機能はまっっったく求めていなくて、音声アシスタントとか通知、時間の表示、曲送り戻しとかを求めています。でもこれってイヤホンでもできることないですか!?であれば、音の出ない(出たとしても垂れ流し)のスマートウォッチよりも音が耳で鳴るイヤホンの方がガジェットとしても生活を便利にする道具としても使いやすいですよね、また、1つで済むならそれで良いですよね…ってことでぼくはスマートウォッチは買わなくてもいいという結論になりました。

そう考えるとAirPodsってすごいですよね。音質の評価は良くはないんですけど、使い勝手の評価はずば抜けて良いですもんね。

 

 

でも!でも…Pixel Watchの発売がもうすぐっていう噂がまた出ている中で、それが欲しくてしょうがない…。Googleファンっていうのもあるんですけど、腕時計の画面が液晶ってめちゃくちゃ夢ありませんか?未来感というかなんというか…。あとデザインもまさにスマートって感じ。そういう所がめちゃくちゃガジェオタ心にぶっ刺さって、欲しくなっちゃうんですよね〜…(しみじみしじみ)